Google AdSenseから要注意!エックスサーバーでads.txtファイルを設定する方法

BLOG

Google AdSenseからの警告

Google AdSenseの管理画面を見てると”要注意”という警告が表示されていました

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください

正直何が何だか意味分からん(汗)

って感じだったのですが、無視するのも気持ち悪いので、”ads.txtファイル”を設定してみました

オキレジ
ちなみに自分のブログはワードプレス、レンタルサーバーはエックスサーバーで運用しています

ads.txtファイルの設定方法

ads.txtファイル”は必須ではないみたいですが、Googleは使用を推奨しているとの事なので、面倒だけど設定してみます

AdSense 向けの ads.txt を作成する

① テキスト ファイル(.txt)を作成します。

② ファイル内に次の 1 行を含めます。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

③ 重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。

っとあるので、早速テキストファイルを作りましょう!

テキスト ファイル(.txt)を作成して保存

デスクトップ画面で、”右クリック” ⇒ ”新規作成” ⇒ ”テキストドキュメント”を作成します

記載する内容はGoogle AdSenseから指示があった通り、

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

とします

オキレジ
但し、青字の部分”pub-0000000000000000”を”サイト運営者ID”と呼ばれる自分のアカウントに変更します

サイト運営者ID”は下記の画面に記載されている数字の事で、”アカウント” ⇒ ”アカウント情報” ⇒ ”サイト運営者ID”で調べる事ができます…、

ここに記載されている”サイト運営者ID”に、青字の部分”pub-0000000000000000”を置き換えて保存します

オキレジ
保存名は”ads.txtとし、文字コードは”UTF-8を指定して保存すれば”ads.txtファイル”の作成が完了です

ads.txtファイルをアップロードする

お次はエックスサーバーを開いて、下記画面の通り”ファイルマネージャー”でログインします

オキレジ
ログイン出来たら、ファイル名から”フォルダをクリック” ⇒ ”public_html” ⇒ ”ads.txtアップロードすればOKです

正しくアップロードされたか確認する

最後に、”ads.txtファイル”が正しくアップロードされたか確認する為に下記の「ads.txtチェックツール」のサイトにアクセスして確認する

オキレジ
下記画面の通り、”自分のサイトをコピペ”して”チェック”をクリックし、”pub-0000000000000000”の部分が”サイト運営者ID”になっていればOKです

最後に

あとは24時間ごとにGoogleのクローラーが巡回してくるので、

オキレジ
Googleにされると管理画面に表示されていた”警告メッセージ”が消えてくれます

コレで一安心です…、あー疲れた(汗)

関連記事

これから社会人になる人へ…、「貯金」するよりも「投資」を勧めたい

2019年4月1日

実践&体感!時間&お金を見直し、有効に活用するオススメの方法(5選)

2019年6月7日

アマオク詐欺に注意!?アマオクはスマホではなくデスクトップで購入すべし

2018年3月3日