天井穴からむき出し配線に引っ掛けシーリングを設置^^いざ蛍光灯からLEDへ!

LIGHTING EQUIPMENT

引っ掛けシーリングへ変更しよう!

需要が有るのか無いのか分かりませんが…、
引っ掛けシーリングを設置して、お好きな照明に変更する方法を紹介しますね^^

オキレジ
まぁ、自分の備忘録的な感じの記事にします(汗)

一応、引っ掛けシーリングの取り付けには電気工事士の資格が必要なため、
プロにお願いするのが無難です(てかするべきです!

気になるの取り付け費用も1カ所あたり約4,000円から5,000円程度
なので特段に高いって訳ではないです…

オキレジ
自分で出来る人にとっては高額に感じますが…(汗)

但し、
天井の補強が必要など、状況によって異なってはきますが…(汗)

まぁ、大体5,000円以内って事で^^
ちなみに、自分は仕事柄ちょっこと詳しいので設置方法を記事にまとめてみました…

① 現場確認

何事もまずは現場確認です!コレが一番大事です!?
自宅の照明を取り外し、状況把握を行いますしょう^^

そして作業をする時は常に安全を心がけるように…
ブレーカーも落として、脚立も道具も用意して行います◎

って事で、早速照明をパカッと空けて、
外し穴にマイナスドライバーを差し込んでケーブルを外す

後は落下しないように注意しながら取外すと…、

↑ こんな感じで穴から配線がはみ出してたり、ケーブルが出ている状態です
この形式から引っ掛けシーリングのスタイルにもっていきましょう^^

② 引っ掛けシーリングの種類とサイズの決定

お次は寸法(穴の大きさ)などを測って引っ掛けシーリングを購入しましょう!
工夫次第ではお安くなります^^

基本、LED照明を設置するのであれば、安いのでも十分だと思います^^
正直デザインはあまりこだわらなくてもOK、LEDシーリングライトを設置すると結局隠れるので(汗)

ちなみに、
引っ掛けシーリングは円形型やコンセント付など色々な種類があります^^

何度も言いますが、引っ掛けシーリングへの取り替え作業は必ずブレーカーを落として作業を実施しましょう!!感電の恐れがありますから(汗)

天井に穴がある場合、長めの配線は屋根裏側へ収納できたりするのですが、下図のような配線がむき出している時は配線の長さを調節(カット)する必要があります(汗)

カットする際は、設置場所などをイメージし、より慎重に行いましょう…

オキレジ
カットすると元には戻せませんから…(汗)

④ 引っ掛けシーリングを設置する

続いて、引っ掛けシーリングに配線を繋ぐのですが、
ココで要注意!!

 

差し込む場所は電源側で、送り側ではないです!!写真ではこんな感じにななります ↓

白の配線をW(ホワイトって事で…)と記載している側へ差し込み
白でない方を反対側に差しこみます^^

差し込む際は奥までしっかりと差し込み、折れたり&曲がったりしないよう丁寧に行いましょう◎

あとは天井側へしっかり固定&設置するだけ
ビスの長さなども長すぎず、短すぎずに…

多少、天井側がごちゃっとなっても、
シーリングライトを設置すると見えなくなるって事でOKにしましょう(汗)

んで、
無事に引っ掛けシーリングを取り付け完了です^^

後はお好きなLED照明をはめ込み、はめ込みすれば…
完成!

最近購入した、パナソニックの「AIR PANEL LED HH-CB0880A」が
結構革新的なデザイン◎でお気に入りです^^

そして寝る前はいつも暖色…
落ちついた雰囲気になるので◎

 

こちらの記事で詳細を紹介しているので、良かったら見てみて下さい ↓

まるで浮いている!?照明をAIR PANEL LEDに変えたらオサレ感がUP

2018.08.14

関連記事

沖縄の電気料金は安くはない!?ストレスなく電気代を抑えるオススメ節約術を教えます!

2018.07.18

ジェントスのLEDヘッドライトがコスパ最高!単三1個で長持ち8時間^^

2018.04.02

“人生をダメにする部屋”の特徴を学び、そうならない部屋作りをしよう!

2018.07.24