賃貸でも簡単ウォシュレット化?!東芝「クリーンウォッシュ」がコスパ最強&感動レベルだった件

APPLIANCE

賃貸トイレをウォシュレット化

引っ越し先のトイレに温水便座ウォシュレット)が無い…、

オキレジ
賃貸物件に住んでいる事もあり、さすがにウォシュレット化は無理なのかな(泣)

っと思っていたのですが、調べてみると、賃貸でも温水便座ウォシュレット)を取り付けている人が結構いるじゃないですか!

せっかくなので、自分も取り付けてみようと検索して見つけた商品が「東芝のクリーンウォッシュSCS-T160)オート脱臭

オキレジ
アマゾンのレヴュー数が6,000件超えオススメ品…、雑誌モノクロで紹介されていた時に比べ2倍以上のレヴュー数(驚)

それなのに星4以上をキープ…、コレは間違いなく買いでしょ!?

オキレジ
って事で、今回は「賃貸でも簡単に温水便座ウォシュレット取り付けられたよ」って記事を自分の備忘録も兼ねてまとめてみました◎

実際に使用して2週間、かなりの良い製品ですよコイツはァ^^

ド素人でも簡単に設置出来ます?!

早速届いた商品を開封します…、

オキレジ
取付に必要だった工具レンチなど)も付属していましたし、想像以上に簡単でした◎

ではでは、気になる取付方法の流れをご紹介していきましょう!

① 水栓を閉めてから便座を外す

水栓(元栓)のバルブを閉めてからタンク内の水を流し出します

オキレジ
バルブを閉める際は、何回転回したかを数えていると◎、元に戻す時は同じ回数を回せば良いです^^

お次は便座と便座裏にあるネジ左右に二個)を取り外します

オキレジ
レンチで緩めてから手でガシガシ回しましょう、後は上に引き抜けば”スポッ”と外れます!

② 台座プレートを便器に取り付ける

箱から台座プレートを取り出します(ゴムが付いている面が下になります)

オキレジ
プレートを置いたら、便器の穴のサイズに合わせてボルトを通しましょう^^

便座の後ろからはみ出たボルトに、半丸パッキンワッシャーナットの順で取り付けます

オキレジ
この時、ナットは手締めで仮止め調整出来るよう緩め)としておきましょう◎

③ 本体を取り付ける

本体を取り出し、裏返して先に給水ホースを取り付けておきます

オキレジ
コレ意外と重要!、トイレが狭いと給水ホースをねじ込むのがめちゃくちゃ大変です(汗)

後は、本体を台座プレートに差し込んで固定カチッと音がするまでスライド)させます

オキレジ
位置を調整し、問題なければ裏側のナットをレンチで本締めしましょう!

④ 給水ホースとコンセントを接続する

アース線を取り付け(接続部分だけ針金が剥き出しになってます)

オキレジ
お次は既存の給水ホースを外し分配金具を取り付けて、それぞれホースを接続しなおします

この時、付属の黒いパッキンも忘れずに入れましょう!

オキレジ
但し、本体給水ホース側にはパッキンが内蔵されているので、あらためて入れる必要はないです

付属のレンチでしっかり絞めればOKです◎

⑤ 設置完了

最後には元栓を開け、水漏れが無いのを確認したらコンセントを接続…、

オキレジ
おしりボタンを押せば貯水庫に給水が開始されました!、無事に設置完了です^^

実際の使用感について

オキレジ
実際に使ってみましたが、威力(水圧)も機能(温水、便座の暖かさ、ムーブ)も必要十分

更にオート脱臭機能ノズルクリーニングもあり…(驚)

レヴュー数6,000越え&星4以上の評価を考えると、間違いなく万人受けしていると思われます…、

オキレジ
自分自身、値段や性能を考えると星4以上はあげたくなるくらい素晴らしいと感じています◎

現状買って満足していますし、早めに導入して良かったです^^

最後に

最近は、トイレにウォシュレットが当たり前の時代になってきました…、

オキレジ
しかし、賃貸を転々としていると、築浅でも意外と無い物件もあります(汗)

そんな時は、是非とも東芝の「クリーンウォッシュSCS-T160)」を後付けしてみてください!

わずか15,000円程で、自宅のトイレを脱臭機能が付いた温水便座トイレに早変わり

オキレジ
値段もリーズナブルなので、初心者にもお勧め&まずは試しに!って楽な気持ちで挑戦出来ます◎

取付もとっても簡単なので、是非トライしてみてください^^

関連記事

ナイスアイディア!吉川国工業所のトイレットシェルフでお手軽スマホ置き場を設置

家中どこでも簡単設置!?オシャレなつっぱり棒「Draw a line」で”トイレ”に便利な棚を作ってみた

お気に入りの電球が設置出来ない?!それなら「可変式変換ソケット」で口金サイズを”E-17”⇒”E-26”へ!