ミドボンとソーダストリームで激安炭酸水を大量生産?!めちゃくちゃコスパ良いです(汗)

APPLIANCE

シリンダー交換が意外と面倒&高い

非常にコスパの良い「ソーダストリームSodaStream)」なんですが、ガスシリンダーの交換費用がそれなりに高いんですよね(泣)

オキレジ
それでもペットボトルより安いですし、ゴミが出ないってメリットは大きいんですが…、

ただ、強炭酸水の出番が増えてくる夏、ガスシリンダーの交換に対する不満が爆発してしまいました!

オキレジ
炭酸ガスを使う量が想定より多くなるとすぐに空(から)になるし、交換する際は指定の店舗に行かなければいけないので、手間っちゃ手間(疲)

それに、ガスシリンダーを持って出かけるのは結構面倒(ちょっと重いです(汗))

いざ「炭酸水を飲みたい!」って時に、シリンダーがから)になったらかなり悲惨です(汗)

オキレジ
直ぐには交換出来ないので、結局はペットボトルの炭酸水を買う羽目に(泣)

せっかくソーダストリーム買ったのに…、意味ないじゃないか!

オキレジ
そこで、「安く抑える方法がないか?」「気軽に充填できる方法はないか?」っと色々検索しておりましたら…、

やっぱりありました!?

オキレジ
って事で、今回はソーダストリームのガスシリンダーを激安で充填し、コスパ最強の強炭酸水を作りまくる方法を紹介します^^

では早速行ってみましょう!

そもそも「ソーダストリームSodaStream)ってどうなん?」って気になる方…、こちらの関連記事で紹介しているので、良かったら見てみてください ↓

お家で手軽に強炭酸水が作れる「ソーダストリーム」の”メリット”&”デメリット”をぶっちゃける!

ミドボンでコスパを上げる方法

ソーダストリームのガスシリンダーを買わずに、炭酸ガスを安く手に入れるには「ミドボン」が必要になります

オキレジ
なので、準備(購入)するモノは「ミドボン」とソーダストリームとミドボンを接続する「アダプター」の2つになります

ミドボンを購入する

ミドボンとは、ビールサーバーや酎ハイを作るための炭酸ガスの入った緑色のボンべのこと

オキレジ
居酒屋など炭酸水を大量に消費する人が購入します!、緑色のボンべの見た目から通称ミドボンと言われています◎

実はこのミドボン、普通に市販されていて、資格などなくても誰でも購入することができます^^

って事で、最寄りの酒屋さんで、ミドボンを購入しましょう!

オキレジ
ちなみに、家の近くの酒屋で購入したミドボンのレシートがこちらになります ↓

容器費用は返却する際に返金されるので、実際のガスの購入費用は5kgで2,546円税込み)になります

オキレジ
ソーダストリームのガスシリンダーは、410gの炭酸ガスが入っていて2,160円交換用/税込み)なので、このミドボンは5kgで2,546円税込み

余裕で10回分の炭酸ガス量があるのにほぼ同じ値段!?、安すぎです(驚)

アダプターを購入する

お次は、ミドボンとガスシリンダーを接続するアダプターを準備します

オキレジ
接続アダプターは普通にネットで購入できます、自分はアマゾンで3,999円(税込み)で購入しました◎

ちなみに、10回分の「店頭でのガスシリンダーの交換費用」と「ミドボン&接続アダプター購入費用」比較するとこんな感じになります…、

店頭でのガスシリンダーの交換費用

ガスシリンダーの交換費用:2,160円(税込み)

炭酸ガス3回分の合計金額:2,160円×3回=6,480円(税込み)

炭酸ガス10回分の合計金額:2,160円×10回=2,1600円(税込み)

ミドボン&接続アダプター購入費用

① ミドボン購入費用:2,546円(税込み)

② 接続アダプター購入費用:3,999円(税込み)

炭酸ガス10回分の合計金額(① + ②):6,545円(税込み)

オキレジ
って事で、ガスシリンダーを3回交換するくらいの炭酸水を飲むなら、直ぐに元が取れます◎

ミドボン&接続アダプターの準備が出来ましたら、充填作業に入ります^^

充填方法のコツ

オキレジ
まずは接続アダプターを組み立てる(小さいネジをハメるだけ)のですが、どんな感じの造りかを紹介します ↓

なんとなくですが、赤丸の小さいネジみたいなのが、ガスが急に入らないようにする調整用部品になりそうです(汗)

オキレジ
後は、ミドボンとアダプターを小型のモンキーレンチで回し、しっかりと接続させます

お次はガスシリンダーを冷凍庫で冷やしておきます…、

オキレジ
キンキンに冷やす事で、温度差が生じ、ミドボンからガスシリンダーへスムーズに充填出来ます

っで、冷やしたガスシリンダーをミドボンに接続し、調整用部品(小さいネジみたいなの)を少しだけ緩めます!

オキレジ
本体のバルブをゆっくりひねりオープン)、シューっという音が聞こえなくなるまで様子をみましょう…、

静かになったら、本体のバルブを閉め、シリンダーを取り外します

ちなみに、充填前のガスシリンダーの重さを比較すると200gくらい増えてます

オキレジ
購入時のガスシリンダーの重さが約1200g未使用時は1172g)くらいなので、後200gは充填できそうです^^

って事で、満タンにするべく、再び冷凍庫へインし ⇒ 充填作業を繰り返します!

オキレジ
すると、重さが更に重くなり、計量出来ない重さEEEEE)になってしまいました(汗)

タニタの計量が1kgまでなので、それ以上の重さみたいです…、1kg以上を測定できる計量器が欲しい(泣)

最後に

オキレジ
ソーダストリームは、ガスシリンダーを交換するのではなく、ミドボンから充填することで、各段にコスパが上がります◎

更に、交換する手間が無くなりますし、いつ空(から)になっても安心です!

おかげで、今では気兼ねなく強強強炭酸水を作りまくれます(プッシュ×3!)

オキレジ
但し、ミドボンとソーダストリームのコラボは正規の方法では無いので、危険性を認識した上で自己責任で行ってください(汗)

それでも、炭酸水を良く飲む人&ソーダストリームを持っている人は検討する価値は多いにあると思います^^

オキレジ
ちなみにミドボンからガスシリンダーの充填方法について、YouTube動画)でも紹介されていたので貼っておきます!

炭酸水(1リットル)が4円で出来ちゃうとか…、マジで安い

関連記事

「よなよな」「インドの青鬼」「水曜日の猫」旨すぎるヤッホーブルーイングのクラフトビール達

味が薄まらない!?「サーモスの真空カップ」と「アイスキューブ」の相性が抜群過ぎる◎

日用品・生活雑貨は定期的に見直せ!?コスパが良い商品でストレスなしの簡単節約◎