家に持ち帰るなら”海”で下処理を!?獲った(釣った)魚の下処理に”大活躍”するオススメ道具を一挙ご紹介!

RECOMMENDATION

下処理は海(現地)で行おう!

今回は「海で魚を釣る人釣り人)」や「スピアフィッシャーマン」に是非ともオススメしたい”魚の下処理をラクにしてくれる道具達”を紹介します!

オキレジ
実際に購入&使用して、「コレは本当に使える」「買って良かったな」ってアイテムを選んで再レビューしてみました

コイツらがあれば”魚の下処理”を海(その場)でサクッと行えますし、家に帰れば調理のみなのでキッチンが汚れないのが本当に最高です◎

しかも、下処理を海で完遂しているので、直ぐに料理が出来ますよ^^

オキレジ
なので「キッチンが汚れない」「匂わない」「跡片付けラクラク」なので奥さんも喜びます…、多分(汗)

そして、みんなが魚好きになります!…、多分(汗)

17821

揃えて欲しいオススメ道具

1 ダイビンググローブ

魚ってヒレとかがかなり鋭いので刺さります…、しかも身体は滑りやすい(汗)

オキレジ
しっかり握ろうとして”ヒレ”とかにグサリって事もあります…、マジで痛いです(泣)

また、鋭い牙があったり、毒針をもってたりする魚もいるので、グローブ(ダイビンググローブ)があるとかなり便利です◎

ちなみに右側の赤い魚は「ミノカサゴ」と言い、フリフリなヒレと優雅に海を泳いでいる事から別名「海の貴婦人」とも呼ばれています(汗)

しかし、この貴婦人、実は毒針を隠し持つというとんでもないビッチです^^

オキレジ
一応”高級魚”らしく、毒針をキレイにカットして、バター焼きにしたら美味しかったです◎

でも、下処理が面倒なので次は獲りません…(悲)

2 星三製作所 真鍮 ウロコ取り

オキレジ
星製作所の真鍮ウロコ取り」はめちゃくちゃ簡単にウロコが取れます!?

もう気持ちが良くなるくらいウロコがバリバリにとれます◎

オキレジ
コイツを使用してのウロコ取りを一度味わうと元には戻れなくなるくらいです(汗)

amazonでも星4以上の評価…、もう納得のオススメ製品です^^

オキレジ
しかも値段も800円台とお安く、2年以上海で使用していますが全然錆びない(驚)

間違いなく買いです!

3 モーラ・ナイフ Mora knife

オキレジ
こちらの「モーラ・ナイフ」も、amazonで星4以上の評価があるオススメの商品^^

軽量で、丈夫で、凡庸性がある素晴らしいナイフ◎

オキレジ
正直、コイツ”一本”で雑作業から調理までなんでもこなせる万能さがあります!?

何よりサイズ感がとても素晴らしく本当に握りやすく使い易いです(汗)

オキレジ
最終的には、「この1本さえあれば何とかなる!」っと思わせてくれる逸品です^^

4 Henckels ケルン 料理ばさみ

同じくこの「ヘンケルスの料理ばさみ」も、amazonで星4以上の評価があるオススメ品^^

オキレジ
しかも値段も800円台と安いのに、切れ味も2年近くキープしている”コスパ最強”の海でも使えるキッチンハサミ

”海”で使っているにも関わらず、全然錆びない…、

オキレジ
しかも、軽く力を入れただけで、”尾”とか”ヒレ”とかをバサバサ切れます(嬉)

ヒレ(棘)にがある魚でもコイツがあれば安全に素早く処理できるので買って正解です!

オキレジ
ちなみに、アイゴ(カーエー)は棘にがあるので刺さると激痛です…(泣)

もう「星製作所の真鍮ウロコ取り」「モーラ・ナイフ」「ヘンケルスの料理ばさみ」の3点セットは絶対買って後悔しないので、騙されたと思って購入して欲しいレベル(汗)

オキレジ
こいつら3点セットだけで、後はオーブンに入れるだけの魚が仕上がります!

5 フィッシュストリンガー

メグシ”ですね^^

オキレジ
大漁時の魚の持ち運びが楽ちんになりますし、スピアフィッシング中は”ウェイトベルト”に巻いて使います ↓
オキレジ
”使い方”はとっても簡単で、コイツを魚の””と”エラ”に通すだけでOKです◎

”スピアフィッシュ”するなら絶対揃えるべきアイテムです!

6 igloo(イグルー) クーラーボックス

やっぱり美味しく魚を持って帰るならクーラーボックスは必需品って事で…^^

オキレジ
てか、クーラーボックスが無いと車内が魚臭くなるので、絶対買うべきアイテムです◎

自分は「イグルーのクーラーボックス」を愛用しているのですが、思ったより大きいし、排水が出来ないって”デメリット”があるので…、正直オススメかな??って感じはあります(泣)

オキレジ
但し、雑誌モノクロで行われた、保冷力の耐久テストでは、ハード部門のクーラーボックスでナンバー1の実績があるので、保冷力を重視するのであればオススメです ↓

7 キング高級鎌砥石

最後に紹介したいのは、刃物を”メンテナンス”する為の研ぎ石です^^

オキレジ
キング砥石の砥石」は値段も500円以下と”コスパ最強”で、サイズも小さくて持ち運びも◎

万が一無くなっても安いのでショックは小さいですし、雑に扱えるのが良い

最後に

スピアフィッシュを始めてから、道具に対する考え方が大きく変わったと思う…、

オキレジ
実際に上記で紹介した道具を用いれば、魚の下処理作業が大幅にUPし、その後の調理工程もスムーズになりました^^

キッチンの跡片付けの時間も減り、美味しいお魚との晩酌が早まる(余裕を持って楽しめる)事を実感しています!

これは本当にありがたい事…、

オキレジ
時間を有意義に使う上で、良い道具を末永く使う事は人生をプラスにする」と感じています◎

今後もお魚獲りを続けていきたいので、紹介した道具を大事×2に使い続けていきます

関連記事

プロも納得”一生モノの三徳包丁”?!「関虎徹」の切れ味(スパッ)がマジで凄い

2019年7月24日

スピアフィッシュを始めるなら!宜野湾のダイビングショップ「AQROS」へ行こう

2019年6月24日

考え方が激変!?スピアフィッシングを始めて変わった(学んだ)事…

2019年5月26日