マジで混み過ぎ!?沖縄在住者による確定申告事情&持って行ったモノ

LIFE

沖縄人の確定申告

2月中旬から3月中旬の毎年恒例のイベント…、そう「確定申告

オキレジ
今までは確定申告について書いた事はなかったのですが、今年は備忘録をかねて記事にしようと思います

って事で、まずは確定申告をする場所を検索するべく下記のサイトへアクセスしましょう!

注意ポイント!?

自分が住んでる場所によって申告会場が異なります…、

例えば、浦添に住んでいると”浦添市産業振興センター・結の街”だし、北谷に住んでいると”沖縄商工会議所ホール”になります

申告をする際は、事前に市役所などに連絡して確認しておきましょう!

オキレジ
自分の場合は沖縄税務署が該当するみたいなので、”沖縄商工会議所ホール”が確定申告会場となります^^
2019年度 確定申告相談会場
[設置期間] 2月18日 ~ 3月15日(月 ~ 金)

[申告会場] 沖縄商工会議所ホール(沖縄県沖縄市中央4丁目15−20)

[受付時間] 8:30 ~ 16:00(相談開始は9:00 ~)

持って行ったモノ

持って行くべきモノは人それぞれなのですが、実際に持って行って”使用したモノ”、持って行ったけど”不要だったモノ”をまとめてみました

持って行った&実際に使ったモノ

☑ 源泉徴収票

☑ 寄付受領証明書(ふるさと納税)

☑ 外国為替証拠金取引(FX損益合計額)証明書

☑ 領収書(PC購入経費など)

☑ 昨年の確定申告資料

☑ マイナンバー

☑ 控除金受けとり用の口座番号

持って行った&使わなかったモノ

☑ 筆記用具

☑ 運転免許証

☑ 印鑑

オキレジ
現物株取引”も行っていますが、源泉徴収ありで登録している特定口座なので申告不要です^^

今年は経費としてパソコン(10万以下)を計上、その際は領収書を持って行けばOKでした

オキレジ
ちなみにパソコンはアマゾンで購入、アマゾンの画面から領収書を印刷して持って行きました

消耗品費の大きな基準は10万円

取得価額10万円未満のもの、もしくは耐用年数が1年未満のものは、消耗品費として計上できます

例えば、8万円のパソコンを買った場合は、パソコンというと感覚としては「消耗品」という感じがしませんが、取得価額が10万円未満ですので、消耗品費として計上することができます

他にも医療費控除などがありますが、控除額は10万以上からなので健康第一の自分にとっては控除適用外です…(汗)

ちなみにふるさと納税はかなりお得な制度ので、まだやってない方は是非挑戦してみた方がいいですよ^^

ふるさと納税ってやってる?返礼品で便利なキッチングッズを揃えよう!

2018年11月10日

混み過ぎ…

今回の確定申告は電子申告ではなく実際に会場に出向いてみよう!と考えました

その方が間違いもなく、投資などの行為を身近に感じる事が出来るかな?っと思ったからです

オキレジ
しかも”かわいいアルバイトの大学生”を見れるかも…っと淡い期待を抱きつつ^^

って事で準備万端でいざ申告会場の沖縄商工会議所へ!?

会場が8:30から受付開始だったので、8:20頃に到着したのですが…、

混み過ぎ?!

結果は1時間超えの長丁場となりました…、

受付の人から整理券を頂き、受付開始時間の5分前に来るように言われました…、

確定申告にかかった総時間は1時間30分程で、

8:30分頃に整理券を貰う ⇒ 9:30分頃に電子申告(e-Tax)開始⇒ 10:00完了!

ってな感じの流れです^^

オキレジ
早朝に行ったのが良かったのか、思ったよりスムーズでしたし、駐車場も空きがありました

但し、9:30分頃からは駐車場は満車状態で停められない方々が続出していました…、助かった(汗)

質問出来るのが良い

直接出向いた事で色々と質問ができ、分かった事があったのでまとめてみました!

質問して分かった事

☑ もしFX収支が赤字になっている場合は繰り越し手続きが出来る

その際、来年の申告にも去年の申告資料が必要なので持参する事と、記録は7年間保存しなければならないとの事だった

☑ ふるさと納税でワンストップ特例制度を行い、もしFXの利益で20万以下なら確定申告は不要との事だった

…、色々と教えて頂ける機会なのでありがたいのですが、ちょっと時間がね(汗)

オキレジ
もし直接会場へ出向いて確定申告をするのであれば、半日は潰れる覚悟で行った方が良いと思います^^

来年は電子申告(e-Tax)でやった方が良いのかな…、迷うわ

関連記事

収入が低ければ支出を抑えるしかない!即効性があるオススメ節約術紹介します

2019年2月14日

これから社会人になる人へ…、貯金するよりも投資を勧めたい

2018年3月5日

新卒、転職者、投資家必見!5年後、10年後に「生き残る会社」&「消えている会社」

2016年7月13日