世界で活躍するトップアスリートは”肉食”より”菜食”?!映画「The Game Changers」が推奨する食事に衝撃走る

ENTERTAINMENT

固定概念が覆る?!

再び”Netflixネットフリックス)”の無料体験の案内が来たので再登録しました…、

オキレジ
そこで出会ったドキュメンタリー映画「The Game Changers」という作品が、あまりにも衝撃的な内容だったので、記事にしてみました!?

今までの考え方が覆ってしまう…、マジでヤベー(驚)

概要は、”肉食”よりも”菜食”の方が、我々人間には合っていて、

オキレジ
筋肉の生成、スタミナの向上、回復力(治癒能力)など、”野菜中心の食事”の方が”肉食”より良い身体の作るのにオススメって内容

そして、スポーツの最前線で活躍しているトップアスリートには、多くの”菜食主義者”がいるって事…、

オキレジ
自分自身、肉食中心でないと”筋肉は増強しない”と思っていたので、かなり驚愕しました(汗)

ちなみに「The Game Changersゲームチェンジャー)」とは、直訳すれば、「試合を変える人

オキレジ
そこから「時代や発想を変えてしまう人」という意味で使われるみたいですが…、

まさにその通りの映画(内容)です^^

ベジタリアンのトップアスリートが凄い!

「お肉こそが筋肉を作る!」「動物性タンパク質がエネルギーの源!」「身体の大きい人は””を喰らう!」

オキレジ
っという”イメージ”に染まっていたので、世界のトップアスリートは、みんな”肉食”なんだろう…、

っと勝手に思っていました(汗)

オキレジ
しかし、この作品の中では、多くの”一流のアスリート達”が植物性食生活の”効果”と、その”実績”について雄弁に語っているんです(驚)

例えば”どんな選手”が登場(紹介)していたかというと…、

ルイス・ハミルトン

世界最高峰のF1ドライバー(レーサー)

ノバク・ジョコビッチ

世界ランキング1位の男子テニスプレイヤー

ドッツィー・バウシュ

ロンドン五輪の自転車競技メダリスト(男女合わせて最年長オリンピックメダリスト(39歳))

ケンドリック・ファリス

アメリカのウェイトリフティング最高記録保持者

モーガン・ミッチェル

オーストラリアの400メートル陸上のチャンピオン

ニーマイ・デルガド

全米NPCボディビルチャンピオンシップ優勝(ヴィーガンボディビルダー)

リオネル・メッシ(プレー動画のみ登場)

FIFA最優秀選手(バランドール受賞者)

2019年「世界で最も稼ぐスポーツ選手」の第一位(年間総収入139億7000万円)で、誰もが知る世界一有名なサッカー選手です… ↓

お金を稼ぐ「世界のプロアスリート」は誰?2019年トップ10はこの人達!

2019年6月22日

ざっくりですが…、これらの名だたる有名アスリートたちが、植物性中心の食事を”推奨”していたのです(汗)

オキレジ
そして、”筋肉”と言えばだれもが知るあの男、”アーノルド・シュワルツェネッガー”でさえも…、

肉食”を否定し、まさかの”ヴィーガン”宣言…、信じられない(驚)

オキレジ
ちなみにこの作品の中でも紹介していましたが、タンパク質(プロテイン)は、”肉食”でなくとも”菜食”でも十分摂取できます!?

知ってはいたのだけど…、”肉食”の方が強い身体を作る上では”良い”と思っていました(汗)

動物性プロテイン

ホエイ(牛乳)、カゼインホエイ(牛乳)、エッグ(鶏卵)、ビーフ(牛肉)、フィッシュ(魚肉)、コラーゲン(豚、牛、鶏)ほか

植物性プロテイン

ソイ(大豆)、ビー(えんどう豆)、ファバ(空豆)、ヘンプ(麻)、クランベリー、パンプキン(南瓜)、クロレラ(藻)、グルテン(小麦)ほか

12752

”肉食” vs ”菜食” どっちが強い?

オキレジ
この作品でも取り上げられていましたが、UFC(総合格闘技)史に残る、大番狂わせの試合として語られている対決があります…、

それが、フェザー級王者のコナー・マクレガー肉食)と、ヴィーガン菜食)であるネイト・ディアスの試合です!

オキレジ
当初、ディアスとマクレガーとの対戦は、マクレガーが圧倒的に有利であろうと考えられていました…、

しかし、実際の結果はネイト・ディアスが勝利!?

オキレジ
ディアスの優勝で、”ベジタリアン・ヴィーガン”=”弱い”という固定観念は完璧に否定された事になります(汗)

ちなみにコナー・マクレガーは、2018年「世界で最も稼ぐスポーツ選手」の第4位です(総収入:9900万ドル(約109億円))

「世界で最も稼ぐスポーツ選手2018」TOP10はこの人達だ!?

2018年6月30日

それだけの”実力者”が負けたって事です(驚)

どうして”菜食”が良いのか??

いくつか理由も紹介していたので、こちらもざっくり(抜粋して)紹介すると…、

肉を食べると血液が濁る

”血液”が良いとスタミナ&身体的パフォーマンスの向上、ケガからの回復が早いなど良い事尽くめ

オキレジ
確かに”血流”がスムーズであれば、体内の酸素供給栄養の補給などが良いはずなので、身体的に◎だと容易に考えられる

それに、ケガをしない”スポーツ選手”などこの世にいません…、つまり、どれだけ早く復帰回復)するかも大事になってくるみたいです

人は体内でビタミンCを生成できない

その為、人は”植物(野菜)”からビタミンCを摂取する必要があります…、

オキレジ
だから”人間”は三色視で色を見ることができ、対して”肉食動物”は二色視であるとか(汗)

新鮮な野菜や果物を見つけるには色が見えるのが大事…、

オキレジ
だからこそ”人”は三色視=”菜食”が向いており、植物を必要とする所以(ゆえん)だとか(驚)

歯が野菜を食べる形状をしている

実際に人間の歯は”肉食動物”のように尖っておらず、食物繊維向きであるらしい…、

オキレジ
もちろん”犬歯”などはあるが、それはゴリラも同様で、相手を威嚇する為のモノで決して”肉食”の為ではないとの事…、マジか(汗)

そして、”肉食”出なくても、恐ろしいパワーを持っている草食動物は多く存在し、”ゴリラ”や”雄牛”がその例らしく、

オキレジ
この映画の中でも、怪力男のパトリックは「”雄牛”は肉を喰わないだろ?」と言います

…、この人が言うと説得力あるな(汗)

こういった”人体構造”などから、

オキレジ
人が最高のパフォーマンスを発揮するのに最適な食事は…、”菜食”ではないのか??

っと、様々な角度(視点)から追究していました!

最後に

今回紹介した部分は、この作品の一部

オキレジ
他にも、古代の剣闘士(グラディエーター)は”菜食”だった…、とか、心臓病や糖尿病の改善などに効果的、とか、”肉食系”より”菜食系”の方がペニスが大きくなる、とか(汗)

語りつくせない程の”濃いーーー”作品です!?

スポーツをしている人、ボディメイクにハマっている人、食事や健康に興味がある人はぜひ見てみてください!

オキレジ
これまでお肉中心の食生活を送ってきた方…、この映画を見ると食生活を見直すきっかけになるかもしれませんよ^^

自分自身、タンパク質が豊富を野菜を食べてみようと”心掛ける”ようになりましたし(汗)

完全タンパク質」の植物性食品野菜)については、こちらの関連記事で紹介しているので良かったら見てみてください ↓

”枝豆”や”蕎麦”がオススメ!?「完全タンパク質」の植物性食品を上手摂取して”筋肉”を作ろう!

2019年6月16日

”枝豆”や”蕎麦”、”キヌア”が良いみたいですよ^^

関連記あ事

Amazonの「Fire TV Stick」が恐ろしい程便利で”人を駄目にする”件

2019年7月21日

女性用?ダイエット用??プロテイン初心者必見!?プロテインの選び方と正しい飲み方…、筋トレ後にオススメなのはコレだ!

2019年10月20日

栄養満点×お手軽調理!?イオンの「オーガニック 洋風野菜ミックス」が”筋トレ飯”にぴったり!

2019年9月27日