アメ女が多い?「夫が外国人」の割合、沖縄が全国一!!国際結婚をする前に注意する6つの事…

NEWS

沖縄は国際結婚率が高い県

2016年の婚姻件数のうち、国際結婚の割合沖縄が4・6%で、東京5・1%、愛知5・1%、岐阜4・7%に次いで…、

全国で4番目に高いそうです ↓

自治体と国際結婚率に関するデータ
オキレジ
それにしても、東京はランキング一位が本当に多い都道県だな…、国際結婚率も全国一位だ(汗)

ちなみに、「妻が日本人、夫が外国人」の割合は沖縄県が全国で一番高く、これは県内に米軍関係の男性が多くいることが要因とみられるそうです

その為、県内の国際結婚のうち、外国人の夫の国籍はアメリカが最多で80・1%

次いで韓国・朝鮮4・2%、中国2・3%ってな感じ…

実際に、沖縄に住んでみると、夫が米軍 or 米軍関係のお仕事をしているアメリカ人

妻は日本人(沖縄人)ってパターンは良くみますが、

逆のパターン夫が日本人(沖縄人)妻がアメリカ人)は見た事がありません…

オキレジ
軍関係者のアメリカ人は、男性の割合が女性よりも多いし、沖縄の男性は頼りない???(汗)

また、アメ女(じょ)と呼ばれる、アメリカ人の男性を好む(付き合う)日本人(沖縄人)女性を表す造語もあります…

オキレジ
昔は差別的用語としても使われていたみたいです…知らなかった(汗)

イメージ的には、露出度の高いセクシーな恰好をして、アメリカ人の男(主に米軍関係者)を引っかけようとしている、アメリカかぶれの女…らしいです

ちなみに、ちゃんと結婚している人や、対等に英語でやり取りできる関係を構築している女性にはアメ女(じょ)とは呼ばない…らしい?

オキレジ
自分も周りの人から聞きかじった事をツラツラ書いてます(汗)てか、結婚してるならアメ女じゃないでしょ…

って事で、今回は、外国人と国際結婚をする前に知っておきたい事をまとめてみました^^

では早速、国際結婚の為に”理解しておくべき6つの事”をご紹介!

オキレジ
ちなみに、自分の姉もアメリカ人と国際結婚をして、レッドソックスの本拠地であるボストンで暮らしています(汗)

国際結婚をする前に ”理解しておくべき6つの事”

① 文化や制度の違い

結婚式やクリスマスなどの行事的なもの…、食文化宗教生き方&考え方

他にも、税金、扶養、保険、年金などの制度の違い

良い意味でも悪い意味でも日本とは異なる事を理解しないといけない(汗)

例えば、相手がキリスト教なら毎週日曜日は朝から教会へ行ったり、アメリカは保険医療費(処方薬)も日本と比べるとかなり高いという事実を理解すべし…(泣)

医療費(処方薬)が高いのは海外ドラマからも容易に理解できます…

オススメは高校の科学の先生麻薬王へなる「Breaking Bad(ブレイキングバッド)

めちゃくちゃ面白いです…(汗)

詳細はこちらの記事でも紹介しているので、良かったら見てみて下さい ↓

超面白い!Breaking Bad(ブレイキングバッド)は絶対に観るべき海外ドラマ

2018年1月26日

② 言葉の壁

微妙なニュアンスを理解したり、笑いのツボが異なる事もある

日本人の察する能力ってのが乏しい可能性があるので、物事はっきり言わないと伝わらないかも…(汗)

日本人同士だと理解できる優しさや楽しさが言葉の壁により伝わらない可能性も…

③ 手続きが面倒

結婚の手続きも、日本人同士ならハンコ1つでOK

しかし、国際結婚となると、ビザも必要&時間もかかる

色々な機関へも出向く必要があるので面倒…

また、直ぐに永住権(グリーンカード)をもらえるわけではないので、アメリカ人と結婚したら、2年のグリーンカード

離婚をしなければ10年モノに変更できるが、長期間かかる事の覚悟が必要(汗)

④ 家族や友達とは会えなくなる

結婚後にどこに住むのか?

の問題ですが、感覚的に、仕事をしっかりして、養っていける給与がある方に合わせる形になるのかな?

っと思っています

比較的、男性の方が給与が高い=男性の国で暮らす感じになる…

もし、あなたが女性であれば相手の国へ行かないといけなくなる

そうなると、友達や家族と会えるのは年に1、2回程

困ったときに相談したい相手が遠く離れているのはちょっと心配

万が一、結婚相手から暴力をふるわれたり、問題が発生した場合などを考えると…、しっかり相手を見極める事が重要

女性必見!?こんな男に要注意!年収の低い男性が持つ5つの特徴

2018年12月20日

そして、年に何回帰省するかを事前に話し合う必要もあるかも…(汗)

⑤ 子供の教育方針の違い

日本の教育制度は、レール式のような感じです…

レールを外れず、いい高校、いい大学、そして世間に知られている大企業に就職して終身雇用

同じような考え、同じような行動をとる事で、統率感組織的な動きができる強みがあります…

しかし、アメリカでもっとも尊敬される人は、みんなができないような自分の道を貫く生き方をしている人

出る杭みたいな人でも個性ととらえて◎としてしまう事もあります

なので、日本ではあまり良しとされていないピアスタトュー、食の好き嫌いや同性愛比較的寛容に思えます

特に大都市にいけば人種のるつぼ…、様々な言語に文化髪や目や肌の色も異なります

いい意味では、様々な考えに触れられる

悪い意味では、犯罪などに結び付く可能性がある

子供の教育は、親の努力が少なからず必要になるのは確かです…

⑥ お金は必須

後悔している人のパターンで一番多いのが、相手のやさしさだけで結婚してしまったという場合

日本は貧富の差がほとんどなく、日本語が使えれば働けるのでお金に困ることはそうそうないですが

お金がない相手(自分があれば別)と海外で結婚してしまうと、言語の問題で日本人は何か特別なスキルがないかぎりいい仕事にはありつけません(汗)

オキレジ
お金がないと日本へも帰れません…、愛だけでなんとかなるは高校生までです^^

なので、日本よりも左右されやすい経済力をしっかり把握し、相手の年収等も知っておいた方が良い…と思います

最後に

国際結婚の離婚率は厚生省の発表によると、

日本人男性が外国人女性と結婚した場合の離婚率は、70パーセント

日本人女性が外国人男性と結婚した場合の離婚率はおよそ50パーセント

となっています

オキレジ
二人に一人以上…、自分が思っていたよりも高い数値だったのでびっくり(汗)

国際結婚には上記に紹介したような障害がたくさん…(汗)

違う国で育ったのであれば文化や考え方も違い、分からない事は当然出てきます…、一番大切なのはお互いに歩み寄り、思いやる柔軟な頭と心◎

相手がそれらを持ち合わせている人であればきっと乗り越えられる…と思うよ^^

関連記事

50万円も違う…!?結婚式を挙げるなら1月か2月がオススメな理由

2019年1月19日

最強の英語勉強は「音読」?!怠け者の私がTOEIC800点以上にした方法

2016年5月18日

ダレノガレ明美が証明!、「痩せる」より「筋肉質」が美しい女性の身体

2019年3月20日