健康によいコーヒーの量は1日”何杯”か??研究結果から解析…、答えは「ブラックコーヒーを一日”3杯”飲もう!」

FOOD

コーヒーって一日”何杯”飲むのが良いの?

認知症の予防”から”仕事”や”運動”のパフォーマンス向上…、

オキレジ
そういった良い話を耳にする”コーヒーの効用”についてですが、1日何杯くらい飲むのが適当なんだろうか??

コーヒーが体に与える影響については、”良い”もの”悪い”ものを含め”沢山の研究結果”があるので、いったいどれを信じていいのやら訳が分からない(泣)

オキレジ
そんな時は、たくさんの研究を評価して適切なものをピックアップ、抽出したデータを横断的に解析する…、メタアナリシス

という”手法”が良いみたいです(汗)

オキレジ
そこで今回は、今わかっているコーヒーの代表的な効果についての研究結果をまとめている記事を発見したのでご紹介!

その結果、「1日に3~5杯のコーヒーを飲む」がオススメ…、らしいです◎

コーヒーの健康効果:研究結果から解析

肝臓がん:1日4杯飲む人は53%リスクが低下

1日4杯飲む人は肝臓がんのリスクが53%低下し、5杯で61%、6杯で67%、7杯で73%となっています

結果、コーヒーを飲む量が増えるほど肝臓がんのリスクが低下する(0~7杯)ことが示されました(Justyna Godosさんらによる2017年の研究)

13件の研究(参加者210万5104人、肝臓がん4227ケース)をピックアップして解析
うち7件の研究データをコーヒー摂取量の解析に用いています

心血管疾患:1日3~5杯でもっともリスクが低い

コーヒーを飲まない人に比べて、1日4杯飲む人は心血管疾患のリスクが7%低く、1日3杯もしくは5杯飲む人は6%低いとの結果となりました

また、コーヒーの大量消費が心血管疾患のリスクが高まるとの研究結果もありますが、この解析結果からは関連性がないことが示されています(Ming Dingさんらによる2013年の研究)

36件の研究(参加者127万9804人、心血管疾患3万6352ケース)をピックアップして解析
うち29件の研究データをコーヒー摂取量の解析に用いています

2型糖尿病:1日6杯でリスクが33%低下

結果、コーヒーを飲む量が増えるほど2型糖尿病のリスクが低下する(0~6杯)ことが示されました

コーヒーを飲まない人に比べて、たとえば1日1杯飲む人は8%、2杯で15%、3杯で21%、4杯で25%…、といった割合で2型糖尿病のリスクが低下します(Ming Dingさんらによる2014年の研究)

28件の研究(参加者110万9272人、2型糖尿病4万5335ケース)をピックアップして解析
うち27件の研究データをコーヒー摂取量の解析に用いています

子宮体がん:1杯増えるごとにリスク約5%低下

結果、コーヒーを飲む量が増えるほど子宮体がんのリスクが低下する(0~7杯)ことが示されました

コーヒーを飲まない人に比べて、たとえば1日4杯飲む人は子宮体がんのリスクが20%低下し、5杯で24%、6杯で28%、7杯で32%となっています

肥満(BMI>30)や閉経後といった条件も考慮されたものです(Alessandra Lafranconiさんらによる2017年の研究)

9件の研究(参加者140万4541人、子宮体がん1万548人ケース)をピックアップして解析
うち9件の研究データをコーヒー摂取量の解析に用いています

閉経後乳がん:1日4杯でリスクが10%低下

結果、コーヒーの摂取量と乳がんのリスクとに相関はみられませんでした

ただし、閉経後の女性に限定した場合、コーヒーを飲む量が増えるほどリスクが低下する(0~6杯)ことが示されたようです

1日に4杯のコーヒーを消費すると、閉経後のがんリスクが10%低下しました

喫煙状態やBMIの違いも考慮されたものです(Alessandra Lafranconiさんらによる2018年の研究)

21件の研究(参加者106万8098人、乳がん3万6597ケース)をピックアップして解析
うち13件の研究データをコーヒー摂取量の解析に用いています

もちろん、ネガティブな研究結果もある

ご紹介してきた研究結果を見ると、コーヒーを飲めば飲むほど効果が高まるようにも捉えられます…、

オキレジ
しかし、コーヒーには、”カフェイン”や”フェノール類”、”ジテルペン”、”クロロゲン酸”といったさまざまな成分が含まれており、

どれが功をなすのかなさないのか…、には未知数の部分が多いみたいです(汗)

こういった成分が含まれる量も、コーヒーの種類焙煎方法なんかで変わるみたいです…、

オキレジ
例えば、コーヒー1杯あたりのカフェインの量を考えても、75~150mg(80~100mgくらいのものが多いよう)と大きくバラつきがあるらしいです(驚)
ちなみに、片頭痛持ちの方が1日3杯以上の飲むと偏頭痛発症につながる、妊娠中に2~3杯のコーヒーに相当するカフェイン摂取で赤ちゃんの発達に影響を与え成人期の肝疾患のリスクを高める(Medical Xpress/ラットによる研究)といったネガティブな研究結果もあります

結論

心疾患のリスクが低い最も低いのが3~5杯、そしてFDAが推奨しているカフェイン摂取量が1日400mgまで…、

オキレジ
ってのを考えると、「1日3~5杯コーヒーを飲む」と、コーヒーによる恩恵が最大化できそうです!

ちなみに、コーヒーを飲む際は砂糖なしのブラックを飲むようにしましょう…、

飲み過ぎ”と”砂糖”に注意!?

コーヒーは飲み過ぎると、カフェインの過剰摂取(依存症)になり、貧血や睡眠の質の低下などの悪影響があるので、1日3〜4杯がベストらしいです!

あと、せっかく糖尿病の予防に◎の効果があるのに、コーヒーに砂糖を入れすぎて…では本末転倒(泣)

なのでブラックコーヒーがオススメ

体調や時期によってはコーヒーの摂取を控えることも考慮する必要はあると思いますが…、

オキレジ
自分は毎日”3杯”は飲むようにしていますし、これからも継続して飲み続けようと思います^^

ちなみに、コーヒーを飲むなら「キーコーヒーのクリスタルドリッパー」がオススメです!、詳細はこちらの関連記事で紹介しているので、良かったら見てみてください ↓

コーヒーの香りがたまらない…、安いのに一級品のドリッパー「キーコーヒー クリスタルドリッパー」がオススメ過ぎる

2019年4月18日

関連記事

絶対買いの一生モノ!スノーピークのマグカップが最強のコップである理由

2019年2月13日

沖縄でも送料無料!?最大15%オフの「Amazon定期おトク便」で”安く買う”&購入出来る”おすすめモノ”

2019年10月30日

知って得する”サウナ”の健康効果と注意ポイント!?「脂肪は燃焼しない」「筋トレ直後はNG」「インフルエンザを防ぐ」…

2019年9月21日