”ナスD”がゲットした”スジアラ”は沖縄の高級食材”アカジン”!?値段は高し(汗)でも、美味し(嬉)

FOOD

記録更新のビッグアカジン

2018年の9月、師匠が「今までで一番デカいんじゃないか?」っていう”アカジンミーバイ”をゲットしたって事もあり、記事をリライトしてみました^^

オキレジ
それにしても”ドデカアカジン”です…、お店で買ったら軽く諭吉先生1枚1万円以上)の金額はしますね(汗)

こちらの関連記事でも紹介していますが…、本当に素晴らしいサイズ◎です ↓

2018年9月の沖縄 BIG”アカジンミーバイ”×”チヌマン”こそ沖縄で一番美味い魚?!×沖縄県知事選&台風

2018年9月30日
オキレジ
そして、今年(2019年)の9月に、ついに自分も同じくらいのサイズの”アカジンミーバイ”をゲットしちゃいました!?

マジで嬉し過ぎる^^

ナスDの無人島生活

2017年の”年末番組”をきっかけにハマってしまい…、

オキレジ
”何回か見逃してしまった(泣)”のですが、毎回楽しみにしていた”テレビ番組”

それが「ナスDの無人島生活

彼の無人島生活が面白いっと思う人とは気が合いそうです(汗)

オキレジ
本当に”タメ”になる事ばかり紹介&教えてくれるので、テレビの前から動けなくなるほどでした^^

おかげで”用事”があっても出かけられなかったです…、それぐらい面白かったですね◎

オキレジ
そして、毎回ナスDのスキルに驚かされて、最終的には感動を覚えてしまう程でした…

特に、”眠らない”&”海中での動き”がヤバ過ぎる!?

オキレジ
「あんな小さなフィンで早すぎ!?」「寝ないで海潜るんか?!!」「こいつ人間!?、てか化け物だろ…」

って思って観てました(驚)

但し、さすがにストイック過ぎてついていけない部分も…、

オキレジ
最低限の調味料ガジェット使って欲しいし、1.5mmのウェットスーツ夜の海は寒すぎです…、せめて5mmは必要でしょ(泣)

しかも、後半は魚(タコも含めて)を獲り過ぎてて、”食べる分だけ捕る”っていう自分とは合わないかなっと思いました(汗)

オキレジ
まぁ、インパクトある映像を放送しないといけないので、テレビ上仕方のない事なのかもしれません…

がっ!、それでも毎回楽しめましたね^^

高級食材のアカジンミーバイ

オキレジ
そんな”ナスD”が最後の日にゲットし、雄たけびをあげた”スジアラ”という赤いお魚 ↓

実は沖縄では大変有名な高級魚アカジンミーバイなんです!

オキレジ
「沖縄人ならほとんどの人が知っているのでは?」というほどで、お値段も高めです ↓

ヤバいです…、5,000円以上はあたりまえです(汗)

オキレジ
そりゃ”ナスD”も叫ぶし、自分もゲットした時は海中でガッツポーズしましたよ^^

名前の由来

沖縄では”アカジンミーバイ”、略して”アカジン”と呼ばれており、味もとっても美味しいんです!

オキレジ
肉質はフアフアな白身で、刺身◎煮付け◎魚汁◎バター焼◎…、なんでもござれの万能なお魚

ちなみに”アカジン”は沖縄方言で”赤いお金”の意味「アカ → 赤ジン → お金」ってな感じです^^

オキレジ
漁師がアカジンを捕るとお金になるからそういう呼び方になったとか…、沖縄人って思考が簡単でしょ(汗)

まぁ、赤いお金と言われるだけあって、高価なお魚なので中々食卓には登場しないんです…

オキレジ
ちなみに、沖縄では”アカジン”、本土の方では”ナスD”が叫んだように”スジアラ”と呼び、英語では、”Blue spotted grouper

アメリカ人の友人は”コーラルグルーパー”とも言っていました^^

グルーパーはアメリカでも美味しい魚として知られているようです…、

オキレジ
旬は秋から初夏、どんな料理でも合うし美味しいので、沖縄に遊びに来た際は是非食してみて下さい

但し、値段は高いので覚悟して注文してください…(汗)

最後に

オキレジ
”アカジン”がどれほどの値段で取引されているか、ちょっと調べてみたのでまとめてみました!

御覧の通り…、高額ですね(汗)

オキレジ
ちなみに途中写っている”青い魚”は”マクブ”と言い、こちらも沖縄の高級魚です◎

「”ナスD”はやっぱり面白い!」って事で、今度は是非”沖縄で無人島生活”して欲しいです^^

関連記事

スピアフィッシュを始めるなら!宜野湾のダイビングショップ「AQROS」へ行こう

2019年6月24日

考え方が激変!?スピアフィッシングを始めて変わった(学んだ)事…

2019年5月26日

プロも納得”一生モノの三徳包丁”?!「関虎徹」の切れ味(スパッ)がマジで凄い

2019年7月24日