超簡単テーブルDIY&意外とおしゃれ!?鉄脚(アイアンレッグ)で長机の自作に挑戦しよう!

DIY

コスパ抜群!テーブルDIY

平安伸銅工業のテーブル脚」を利用して、ダイニングテーブルを自作してみました!

オキレジ
コスパ重視アンティークっぽい雰囲気が出ればOK」という目標で作業を開始◎

っで、仕上がったテーブルがこんな感じ… ↓

大きさとしては”幅約145cm ×奥行き約91cm×高さ約71cm”っと”4人”が余裕で使用できるくらいの広々としたテーブルです(汗)

オキレジ
自作した感想としては、意外と簡単で、かつ、値段も安く製作出来るのだなってこと^^

但し、「天板の厚み(今回使用した板厚は24mm)がちょっと薄かったかな…、おかげで貧相に見える」ってのが残念ポイント

そのおかげで“軽快”に見えるのは良いポイントなんですが…、

オキレジ
ダイニングテーブルなら「もっとドカッと構えているくらいがちょうど良い◎」と思うので“重厚感”の方が大事かもしれない…、って思ったり(汗)

それでも、全てコミコミで1万7千円ほどで出来たのでコストパフォーマンスは良い方だと思っています^^

オキレジ
次回、ダイニングテーブルを作る機会があったら“木材の板厚が30mm超え”のテーブルを製作してみたい…

って事で、自分の”備忘録”も兼ねて”テーブルDIYの製作方法”を記事にまとめてみました!

天板を購入しよう

早速テーブルの天板となる木材を調達しに、大好きなメイクマン沖縄のホームセンター)へ…、

オキレジ
気に入った板が大きかったので、サイズを考慮してちょこっとカットしてもらいました(汗)
メイクマンの材料カット料金表について

直線カットが一カ所ににつき35円とかなりお安いです!、のこぎりでちまちまカットするよりは”カッティングルーム”を利用した方が効率的だと思います

カットした端材部分も、いずれは別用途でリサイクル予定なので、ちゃんと持ち帰ります◎

ってな具合で、欲しかった天板幅約145cm ×奥行き約91cm×厚み約24cm)をゲット!、自宅に持ち帰ってDIYスタートです

オキレジ
ちなみに金額は、板材の購入費カット費用全てコミコミで約6,000円くらいでした…、

木材の種類やサイズも豊富なので、予算に合った天板を探せるのは助かりますね^^

アンティーク風塗装

家の中での作業になるので、まずはブルーシートを敷いて汚れ防止をします…、天板より少し大きめのブルーシートを購入すれば良いと思います!

その後は、一番大好きな作業と言っても過言ではない“塗装作業”のスタートです^^

オキレジ
もちろん使用する塗料ブライワックス!、今回はチューダーオークを選択してみました◎

めちゃくちゃ簡単に”アンティーク風の塗装”が出来る”すんばらしい塗料”です ↓

沖縄でもブライワックスが手に入るお店“Woodville Hair House ウッドビルヘアーハウス)”の情報はこちらの関連記事から ↓

沖縄でBRIWAX (ブライワックス)を手に入れるなら「WOODVILLE HOUSE(ウッドビルハウス)」へ

タイミング次第ではネットよりも安く手に入るのでオススメです◎

っで、手に入れたブライワックスをヌリヌリしていきます…、木目が色濃く浮き上がってくるこの瞬間が一番楽しいですね^^

オキレジ
後は、たわしでゴシゴシ擦って、光沢を出せば完成!、本当にお手軽で助かります◎

鉄(アイアン)脚を付けて完成

オキレジ
最後に平安伸銅工業のスチールテーブル脚」を取り付けていくのですが、ネジが5カ所もある(汗)

ネジが5カ所×4脚なので、ちょっと面倒くさそうではあるのですが…、

オキレジ
ココで大活躍してくれたのが、愛用のバッテリードライバー「ボッシュのIXO5 」 ↓

小回りも利いて、使い易い「バッテリードライバー IXO5」はこちらの関連記事で紹介しているので良かったら見てみてください!

簡単DIYならボッシュのバッテリードライバーIXO5!一家に一台の高性能&高コスパ

絶対欲しくなる事間違いない逸品です(汗)

ちょっとしたDIYでの活躍は当然の事、簡単にネジを取付&取外しが出来る性能は”一家に一台の必需電化製品”と言っても過言ではないオススメモノです◎

オキレジ
作業がめっちゃしやすい&パワーも十分な「BOSCH(ボッシュ)のドライバー」のおかげで“あっという間”に鉄脚を設置完了^^

後はひっくり返してテーブルの出来上がりです!、意外と簡単に出来ちゃいました^^

注意ポイント!?

鉄脚の取付位置について

説明書では天板の内側 0.5~1cm に取り付けてくださいと書いてあったのですが…、自分の場合、天板が大きかったので2cm内側で実施してみました

余り大きすぎるテーブルだと余計に難しくなるかも…(汗)

ぐらつき防止の補強を実施

実際に使用してみると、結構グラグラする事が判明しました(汗)

後日、余った資材を利用して補強を実施、”補強アリ”と”ナシ”では雲泥の差です!

まとめ

オキレジ
作業時間は、材料購入から塗装、乾燥、鉄(アイアン)脚を取り付けての全ての工程を含めて半日程で完了できました!

また、今回使用した主な材料費用が下記の通りになります…、

製作費用内訳

天板(幅約145cm ×奥行き約91cm×厚み約24cm):約6,000円

スチールテーブル脚(4本):約7,500円

ブライワックス(チューダーオーク):約3,000円

補強(別のDIYで余った資材を活用):0円

後は、ブルーシート塗装用のスポンジなどの雑費を考慮すれば、制作費用の合計は1万7千円ほど…、

オキレジ
ちょっと華奢きゃしゃ)ではありますが、仕上がりには結構満足している感じですかね^^

アイアンのテーブル脚がやっぱりおしゃれだし、自分で作ったってのが愛着沸いて◎です

オキレジ
購入した「平安伸銅工業のスチール脚」は、アジャスター付きでガタつき調整も可能&無事にテーブルの役目を果たせています

ですが、”大満足の結果”とまでは言えないので、今回の良かった点反省点を踏まえつつ、再びテーブルDIY挑戦出来ればなっと思っています^^

関連記事

家の中がアウトドア化!?ヘリノックスのチェアワンと焚き火テーブルの相性が◎

これからベッドを購入する独身&単身者必見!一生モノのすのこベッド「プラッツ」をご紹介

角型パネルも良い!リビングのシーリングライトをAIR PANEL LEDに変えちゃいました